モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2013年読破本194】進撃の巨人(4) (講談社コミックス)

 

進撃の巨人(4) (講談社コミックス)

進撃の巨人(4) (講談社コミックス)

 

 

 

巨人としての本能?と(人間としての)己の意思が交差する第4巻。

 

これから対峙する“敵”は、目で見えるもの・自分を異端視する人間。それに加えて、自分自身ということにもなりそうだ。

どうにか穴は塞げたけど、ようやく、という感じしかしない(涙)

 

回想話は、ここまでのエピソードの中で一番ほっとする話し。

というかここにきて、ようやくエレン・ミカサ・アルミン以外のメンバー紹介か(苦笑)(ここ以降は彼ら以外の人類はエレンにとって味方とは限らないから、ここでの紹介なんだろう)

 

そして、“噂の”リヴァイさん本格参戦で、いよいよエレンは前線へ・・・

 

進撃の巨人(4) (講談社コミックス)

進撃の巨人(4) (講談社コミックス)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング