モーション・グリーン

気がつけばブログ始めてから10年を突破!たぶんこれからも本の感想とか特撮(仮面ライダー)とか映画とかアニメとかドラマとか。

【2013年読破本221】機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (5) (カドカワコミックス・エース)

 

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (5) (カドカワコミックス・エース)

 

 

この作品、実は敵方がとにかく落ち着かない(苦笑)

Vガンダム未見の方々は、何が何やらかもしれないなあ。

 

その一方で、クロスボーン方は機体・パイロットが出そろってようやく作品にまとまりが見えてきた。

ガンダムではおなじみの地上降下戦(意外にも大気圏突入での妨害戦は無かったな)。各機体と各パイロットの戦いをきっちり描いているので(王道ながらも)非常に読みやすく、それでいてガンダム的要素(オマージュ)をきっちり盛り込んでくるあたり、さすがは長谷川さん。

 

もっとも、相手は一騎当千と言うよりもはやゲテモノMS(MA?)それでもまっとうに勝てそうな気がしないのだけど・・・

 

神経がマヒしてきたのか、敵方のトンデモ機体にあまり驚かなくなってきた(驚)マズいなあ、自分(爆)

 

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (5) (カドカワコミックス・エース)

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (5) (カドカワコミックス・エース)

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング