モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2013年読破本223】真田信綱(のぶつな) 弟・昌幸がもっとも尊敬した真田家随一の剛将 (PHP文庫)

 

 

真田信綱(のぶつな) 弟・昌幸がもっとも尊敬した真田家随一の剛将 (PHP文庫)

 

 

父・幸隆、弟・昌幸に囲まれ、割と目立たない?兄・信綱を描いた歴史小説。

 

真田幸隆が、元々武田に敵対する信濃の豪族だったことを思うと、この信綱が事実上の純・武田家家臣ということになるのかもしれない。信綱の存在は、真田家にとって重要で貴重だったに違いない。

 

信綱の史料は、それほど多くはない。

(弟の昌輝にいたっては、長篠の戦い以外、名前がほとんど出てこない)

 

従って、かなりの部分が創作になるのだろうけど、父や弟、そして信玄や勝頼、義信との人間関係から、そのキャラクターを浮かび上がらせた近衛さん。

信綱の魅力を見事に引き出し、真田家の嫡男としての強さや勇ましさがにじみ出ている1冊になっている。

 

長篠の戦いは武田家崩壊のきっかけになってしまったが、真田家にとっても辛い結果だったなあ。

 

 

真田信綱(のぶつな) 弟・昌幸がもっとも尊敬した真田家随一の剛将 (PHP文庫)

真田信綱(のぶつな) 弟・昌幸がもっとも尊敬した真田家随一の剛将 (PHP文庫)

 
真田信綱 弟・昌幸がもっとも尊敬した真田家随一の剛将 (PHP文庫)

真田信綱 弟・昌幸がもっとも尊敬した真田家随一の剛将 (PHP文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング