モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2013年読破本256】進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

進撃の巨人(12) (週刊少年マガジンコミックス)

 

ユミルやライナーたちの会話が(共通認識が明らかになっていないおかげで)エレン視点で読むと全くわからないなあ。

あ、エレン以上の情報、知らないのだけど(苦笑)

 

ここまで謎優先で読者を置いていく作品も珍しい(笑)

やはり、彼らには巨人になれる理由も、エレンをさらう理由も、そしてこの壁の世界にわざわざ来た理由も、確かに存在するのだ。

 

わかるのはそこまでか。

 

 

そんな思いを吹き飛ばす、調査兵団怒濤のエレン救出ミッション。

巨人振り切りながら(というか対処しながら)ライナーたちの足を止めて、クリスタも救出して、エレンも奪回する、とやること多すぎ・・・

(ホントのところ、大きな方向性や目的は提示したけど細かい行動はその場判断。もはや作戦ですらない)

 

 

結果は、明言されていなかったけど相当な犠牲だったはず。

 

何より衝撃だったのはハンネスさん・・・

 

またしても手が届かなかったエレンの業がますます深くなる(涙)

 

ハンネスさんが喰われる中でのミカサの告白、

エレン覚醒など見応えたくさんだけど、やっぱり泣くしかないわ。

 

進撃の巨人(12) (週刊少年マガジンコミックス)

進撃の巨人(12) (週刊少年マガジンコミックス)

 
進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング