モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【ネタバレ注意】仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦 感想

 ※ネタバレ(映画の結末など)含んだ感想です。これから観賞される予定の方はあらかじめ注意くださいませ
 

 まぎれもなく、MOVIE大戦史上最高傑作!

 演出こそ凝ったところはありつつも、構成もアクションも堅く緻密。ウィザードはもちろん鎧武も、映画できちんと成り立てる作品だと改めて証明できたのではないかと。

 ちなみに、映画パンフレットかなり内容充実してます。田崎監督インタビューは必読!

【ウィザード編】

 TVシリーズ見続けた方、そしてウィザードのテーマに共感してきた方であればあるほど、想いがこみ上げてくるフィナーレ。TVシリーズの名場面が随所で出てきます。

◆序盤のやられ役(涙)メイジ3人衆。山本さんがきちんと関わっているのがキャラ的には意外だったけど出てきてくれて嬉しい。もし機会があるならば凜子&真由のファントム事件簿見てみたい 笑)

◆ホープリングが奪われ、黒いコヨミ登場。再び苦しい選択を迫られる晴人。TVシリーズでも賛否両論だった晴人の墜ちる展開(涙)そして晴人が墜ちれば墜ちるほど男気あふれる姿が輝く仁藤(笑)ウィザードのいいところと悪いところの象徴だなあ。

 どうも晴人が苦悩すると、このウィザードという作品は色薄く(なんとなく陳腐に)なる。実際、命の危険を押して再び変身する仁藤が主役に見えてしまう(笑)。ビーストのアクションが非常にかっこよかったからなおさら。また、晴人の仲間たちも寄り添うことしかできないあたりも、見ていてもどかしい。(特に凛子ちゃんは、もっと晴人との絡みがあってもいいはずなのに・・・)晴人の苦悩する展開だけ見れば、晴人はもう少し完成されていない人物像を押し出したスタート、そして成長していく展開にした方が、終盤での痛々しい姿を、痛々しいと見られることがなかったかもしれない。

◆新ファントムのオーガ。チャックみたいな体の線は、インベスと関係あるのかなと思いきや無かったな(笑)他のファントムの能力を使える演出で、超人機メタルダーバルスキーを思い出した(古っ)

◆ビーストVSコヨミ(白い魔法使い)、そしてウィザードVSコヨミ(白い魔法使い)。コヨミ復活と白い魔法使い変身という関係は、やはりコヨミの記憶にある父の影響?そしていくら魔力が高くてもやはり非力なコヨミ。真っ当に闘ったら2人の魔法使いの敵では無かったなあ。

 そして晴人が想いを告げるシーン。晴人役の白石さんと、制作陣の見解が異なっていた「晴人とコヨミの関係」が交錯したような瞬間だったなあ。

 ただ、「救われていたのはオレの方だった」はやっと言ってくれた!と感慨深い。その反面「どんなお前でも受け入れる」は言ったことなかったのか、とやや意外。夏の劇場版見た方であれば「コヨミは晴人が受け入れてくれればどこでも生きていけると思ってたよ」と思ったに違いない。

 ここらへんもTVシリーズで整理しておくべき要素だったのかもしれない。もちろん、2人が言葉を交わしきれずに別れてしまったことへの、新たな機会がこの映画だと思えば意義は十二分になるのだけど・・・

 鎧武編はまた後ほど更新・・・

 

仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦
仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦 V.A.

Amazonで詳しく見る by AZlink

TEPPEN STAR[CD+DVD]
TEPPEN STAR[CD+DVD] hitomi

Amazonで詳しく見る by AZlink

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


特撮 ブログランキングへ