モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【2014年読破本120】井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道

 

井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道 (角川学芸出版単行本)

井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道 (角川学芸出版単行本)

 

 

相変わらずの井沢節は、この時代の解説にピッタリだなあ(爆)

 

南北朝時代という、日本の歴史でも特異的な時代がなぜ起こり、どのようにして一つにまとまったのか。日本史好きでも戸惑う流れがこの一冊で理解できるようになっている。特に土地制度や経済変転といった、日本史好きの苦手分野(?)は政治の変化と結びついて解説してくれているので、理解が深まりやすい。

もちろん、価値観の変化や、各陣営の思惑といった井沢節の得意分野(笑)も大いに読み応えがある。

ただ、時代が遡ったり、一気に進んだりと、解説ポイントが随時動いていくのでややわかりづらさはあるかも。

 

井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道 (角川学芸出版単行本)

井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道 (角川学芸出版単行本)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング