モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2014年読破本141】天地雷動 (単行本)

天地雷動 (単行本)

 

 

伊東潤さんの新作長編。

 

開眼されたのか、と思うほどの躍動感とカタルシス要素に満ちあふれた大河巨編、完成度がとんでもなく高い!

これまでの伊東さんは、長編よりも短編、と思っていたのだけれど、本作はそのイメージを吹き飛ばす一冊になった。

 

勝頼・家康・秀吉そして帯刀の視点を入れ替えながら進む緊迫感、

視点変えを効果的に使ったテンポの良さ、 そして誰1人として勝者なき戦いの切なさが歴史好きにはたまらない。

(信長という殿上人と、彼の読みに翻弄されるメンバーという悲哀臭がもの悲しい)

 

長篠の戦いへの目線が変わる作品、歴史小説好きは必読だ!

 

天地雷動 (単行本)

天地雷動 (単行本)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング