モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2014年読破本202】るろうに剣心 裏幕─炎を統べる─ (ジャンプコミックス)

 

るろうに剣心 裏幕─炎を統べる─ (ジャンプコミックス)

 

 

るろ剣スピンオフ作品。

 

このお方、表紙で見ると、久しぶりに関わらず圧倒的な存在感。

そう、劇場版に合わせて(?)かえってきた志々雄真実だ。

 

マンガ+小説という変わった形式ながらも、読めば読むほど和月さんの中で志々雄像が本当に明確な形で創ることが出来ていたのだなあ、と感じさせる濃い内容。

 

原作知らない方には、コイツラいい奴じゃん、と感情移入したくなるかも。

特に方治はここまで掘り下げられるならなぜ原作でやらぬ、と思わせるほどの味わい深いキャラになってる(笑)

 

そして幕末~明治という時代は、剣心の“甘い戯れ言”だけでは救われない人がいる、という重い事実が改めて突きつけられる。

 

恐るべしアンチテーゼ。

まさにダークヒーロー!な一冊だ。

 

 

 

るろうに剣心 裏幕─炎を統べる─ (ジャンプコミックス)

るろうに剣心 裏幕─炎を統べる─ (ジャンプコミックス)

 
るろうに剣心 裏幕―炎を統べる― (ジャンプコミックスDIGITAL)

るろうに剣心 裏幕―炎を統べる― (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング