モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2014年読破本214】明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫)

 

 

明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫)

 

 

「本能寺の変」

 

日本人なら知らない者はいない、戦国時代最大のミステリー

未だに真相が解明されないこの事件は、なぜ今日まで議論されているのか。

 

 

それは明智光秀の出生や経歴、本人の力量への評価が安定しないことに他ならない。

史料の少なさは敗者として抹消されたのか、それとも本当にないのか。

 

小和田先生が、そもそもの光秀像に迫ったのが、この一冊。

様々な観点から光秀に迫っているが、これでも、光秀像が見えたといっていいかどうか怪しいところ。

 

まあ、光秀が武将として人間として、秀吉と肩を並べる(いや、それ以上の)存在であったことは大分見えてきたかな。

 

その先が本当に知りたいことなのだが、果たして、明かされるときは来るのか・・・

 

 

明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫)

明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫)

 
明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫)

明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング