モーション・グリーン

2018年年初目標の読破300冊を達成し、最終334冊!2019年も読みまくる!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2014年読破本237】軍師は死なず (実業之日本社文庫)

軍師は死なず (実業之日本社文庫)

 

 

戦国時代の軍師を題材にした短編集。

 

この手の短編集読むと気付く。

昔の文豪の方々は独特の“型”があることを。

最初は違和感あるけれど、読み終わる頃には妙な高揚感が焼き付いてしまう。

 

 

宮本武蔵以来の(久々)吉川英治作品は読めて幸せだった。

やはりこの方が描く人物は柔らかさと重厚さを醸し出す。

 

松本清張さんが描くと、恵瓊が正当派主人公(笑)

 

山田風太郎氏の作品なんて、独特すぎて夢に出てきそうだ(爆)

どうしても読まず嫌いになりがちな歴史小説、たまにはお好きな作家さん以外の方の作品を読むのもいいねえ。

 

 

軍師は死なず (実業之日本社文庫)

軍師は死なず (実業之日本社文庫)

  • 作者: 山田風太郎,吉川英治,新田次郎,津本陽,松本清張,堀和久,坂口安吾,西村京太郎,柴田錬三郎,池波正太郎,末國善己
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2014/02/05
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング