モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2014年読破本13】甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)

甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)

 

甘ブリ第3巻は、腹抱えて笑える要素満載!

ようやく賀東さんの書きたい雰囲気と作品がマッチしてきた気がする。

 

椎菜ちゃん視点で進む甘ブリの日々と、彼女の成長を描く中編は、まさにこの作品のおもしろさと異常さを上手に魅せた傑作回。

 

ハイテンポな賀東ツッコミは、フルメタ学園編を彷彿させるものばかり。

あの作風が好きな方にはたまらないネタが随所に転がっている。

 

プッと吹き出すものからゲラゲラ笑ってしまうものまで、懐かしいあの雰囲気を心ゆくまで堪能すべ(笑)

 

 

また、出席日数の足りない西也の身代わり回もテッパン展開ながらもマスコットトリオの(いい意味で)生々しいノリが活かされている。

初めて彼らがカッチリハマッた気がするなあ。

 

 

甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)

甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)

 
甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)

甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング