モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2015年読破本36】アイデアを盗む技術 (幻冬舎新書)

 

アイデアを盗む技術 (幻冬舎新書)

 

 

日頃自分が接しているものやこと。

ただ見て、通過するのではなく、そこから仕事につながるアイデアを生み出すには?

人気放送作家の著者がそのやりかたを紹介した1冊。

 

言われてみればそれほどすごいテクニックということはない。

オリジナルの斬新なアイデアを求めるのではなく、自分以外の存在から“盗める”ものはたくさんある。それを前提にすれば、アイデアがない、なんてことはないはず。

 

大事なのは、本書で紹介されているテクニックより、アンテナを張っているか、ということだと思う。

そして、常日頃どこに目を付けているかということ。

 

同じモノを見ていても気づきが違うのは、問題意識や思考力など、持っているモノが違うから。

 

結局著者は目的や意識が我々と違うから、違うモノを見つけられる。

我々も、問題意識や課題、目標など(無意識レベルまで)自分の中に落とし込んでおかないと、気付くことができないのかもしれない。

 

メモする、記録する習慣も必要だろう。

 

少なくても、本書通り、ただアイデアを探してはいけない。

 

 

アイデアを盗む技術 (幻冬舎新書)

アイデアを盗む技術 (幻冬舎新書)

 
アイデアを盗む技術 (幻冬舎新書)

アイデアを盗む技術 (幻冬舎新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング