モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2015年読破本66】銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス)

 

 

将軍暗殺編完結

そして銀魂史上最も起きて欲しくなかった結末へ。

 

 

銀時と高杉の戦いは、正直お互いの主観過ぎて、大人の大げんか感がぬぐえないけど、その熱さの先に共闘伏線が見えてきたのは、先々への希望かな。

 

明らかになった、松陽との別れと罪。

今の銀時ならやらなかったであろう、師を斬る結末。

きっと松陽の瞳を見たら、やるしかなかったのだろう。

 

松陽との関係は、よくなる少年マンガのように、はっきりとした関係が描写されていたわけじゃない。

楽しそうな絵、穏やかな光景、そして変わっていける環境・・・

いつか崩れそうだけど、続いて欲しいと願ってしまう

そんな日々だったんだろうなあ。

 

だからこそ、今、守らなきゃいけない。

そんな想いがほとばしり、かつてないほどボロボロになりながら、

銀時は、高杉は立ち上がる。

ホント、このままみんな生きて乗り切れていたら、と思うよ。ホント・・・

 

そして世界(というか宇宙)は思ったよりも単純な構図ではなく、

地球(江戸)内での戦いから、この先は敵味方が入り乱れ、敵の敵は味方になるシーンがたくさんありそうだ。

 

 

だからこそ、貴方が必要だったのに・・・

 

銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング