モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【2015年読破本70】岳飛伝 第四十二回(小説すばる 2015年 05月号 [雑誌])

 さらば、戦友よ。

小説すばる 2015年 05 月号 [雑誌]

小説すばる 2015年 05 月号 [雑誌]

 

 

 北方作品では(時代モノは特に)拮抗した戦いや駆け引きの中での決断は「大将狙い」になることが多い。今回の程雲は特に顕著、まるで方蝋のように、南宋軍に紛れて岳飛を狙っていく。今回は岳飛はすんでのところで躱しているが、逆に程雲を捉えることができていない。岳飛が読み切るのか、程雲が捉えるのか。これまで比較的ゆったり動いてきた岳飛軍はにわかに騒がしくなってきた

 

 逆に秦容軍は小戦闘を繰り返しながら着実に地場を固めてきているが、こちらについて南宋側はそろそろ手をうたないのだろうか?

 

 そして曹正の最期が、彼らが闘って残してきたものが、李俊の最期の命の場となった。カッコ悪い最期だったけど、でも見た目じゃないもんな、生きる事って。

 

 ようやく戦友と会えるな。李俊。その湖塞は、きっと見えていたはずだ。

 

 

 

小説すばる 2015年 05 月号 [雑誌]

小説すばる 2015年 05 月号 [雑誌]