モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2015年読破本86】武士の王・平清盛 (歴史新書y)

 

武士の王・平清盛 (歴史新書y)

 

著者見て「ん?」と思った一冊。

まあ、同姓同名の方じゃないよね、ともう一度確認(笑)

 

まさじゃ、あの伊東潤さんとは思わなかった。

史料を大事にしつつ、着想力を駆使して独自目線で作品を連発する方が、小説ではなく新書で平清盛を斬るとは(笑)

 

そこかで大胆ではないものの、伊東さんらしく、清盛以前をきっちり解説しつつ、清盛の人物像や特異性を説明する論調は、小説家と紹介しなければ教授でも通じるほどの堂々っぷり(爆)

 

その一方で「陰謀史観」に微かな抵抗を見せつつもそれを抑えられない書きっぷりは、伊東作品を読んできた方にはおなじみのホンネ(苦笑)

 

そういえば、このお方が書いた源平時代読んだことないなあ。

ここまで書かれるならば、源平時代の作品を読んでみたいものだ。

 

 

 

武士の王・平清盛 (歴史新書y)

武士の王・平清盛 (歴史新書y)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング