モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【2015年読破本110】岳飛伝 第四十四回(小説すばる 2015年 07月号 [雑誌])

ついに程雲、岳飛を捉える。

 

 

小説すばる 2015年 07 月号 [雑誌]

小説すばる 2015年 07 月号 [雑誌]

 

 

 岳飛は楊令伝で何度も大敗の姿を見てきているので、なんというか大きな衝撃を受けた感じは無かったなあ。ああ、久しぶりに負けたなあ、くらいの感じ(苦笑)むしろ褒めるべきは程雲と秦檜。一見硬直化してそうな南宋をきっちり見て、任せるところを全て任せきる。南北朝前の後醍醐陣営に見せてあげたい光景だ。

 

 岳飛、ここでまた・・・部下と息子が戦死したのに、女に手を出すのかよ(驚)ホントにどうしようもない・・・

 

 対照的にきちんと勝ち続ける秦容。ここだけ見ると、名将とやんちゃな勇将のドタバタ旅みたいで、秦容軍との連携を強めた方がいいんじゃ無いかと思うのだが、やはり広大な南宋領土内で連携するのは難しいんだろうなあ。なんだか程雲側も秦容側にはあまり重きを置いていないし(涙)

 

 ちなみに久々の侯真武術!酒漬けでも歴戦の強者、もう一活躍期待できそう

 

 

 

小説すばる 2015年 07 月号 [雑誌]

小説すばる 2015年 07 月号 [雑誌]