モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2015年読破本125】日本刀と武士 その知られざる驚きの刃生 (じっぴコンパクト新書)

日本刀と武士 その知られざる驚きの刃生 (じっぴコンパクト新書)

 

 

聞くところによると、今空前の刀剣ブームなんだとか。

というわけでブームに遅れないように読んでみた一冊。

 

万人が認める名刀からマニアックな一振りまで、刀と持ち主のエピソードがかなりの数掲載されている、これ以上無い入門本。

欲を言えば、刀剣の由来や地域別刀匠一覧、時代別名刀表があると、より歴史と関連づけられたのだけど、そこまで載せると本格的になりすぎるか(苦笑)

 

 

ちなみに江戸時代まで武将のメイン武装は刀ではなく槍・弓。

刀(脇差し含)はサブ武装。

 

だからこそ名刀が実戦で多用されず、コレクションや護身用として、重宝されていたんだとか。

(「刀は武士の魂」になったのは江戸時代以降、らしい)

 

イメージ先行で捉えること無く、実態を掴むことこそ、理解の基本。

刀の正しい理解にはうってつけの1冊だ。

 

 

日本刀と武士 その知られざる驚きの刃生 (じっぴコンパクト新書)

日本刀と武士 その知られざる驚きの刃生 (じっぴコンパクト新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング