モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2015年読破本135】修羅の門 第弐門(17) (講談社コミックス月刊マガジン)

 

 

修羅の門 第弐門(17) (講談社コミックス月刊マガジン)

 

正直、前回の戦いで弐門は一区切りからと思っていた。

けど、だからこそ、約束を果たさなきゃいけない、ということなのだろう。

 

やはり相手は海堂か。

 

かつての右京以上に悟りを開いたかのような海堂、強そうだ・・・

 

が、その前の山田さんと九十九とのやりとりが、なんだかじわじわくる。

 

かつて兄から託された「陸奥」という大きな看板、その看板へのエールを言ってくれる人が今再び現れるとは・・・(

戦友からのエールは九十九に送られているけど、「陸奥」へは送っていない)

 

改めて不破の血が絶えたことが語られ、晴れて「陸奥」の血が九十九に集約されたのも、修羅の刻読んできた身としては感慨深いなあ。

 

 

修羅の門 第弐門(17) (月刊少年マガジンコミックス)

修羅の門 第弐門(17) (月刊少年マガジンコミックス)

 
修羅の門 第弐門(17) (講談社コミックス月刊マガジン)

修羅の門 第弐門(17) (講談社コミックス月刊マガジン)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング