モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2015年読破本145】銀魂―ぎんたま― 60 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 60 (ジャンプコミックス)

 

この巻、回ごとに展開がめまぐるしく変わりすぎて感想が追いつかない。

 

涙の新選組再合流

ついに明かされる佐々木の真意

匂わせられた信女と佐々木の関係、その真実。

 

そしてそびえ立つ、強敵。

 

ただ

佐々木が抱えた真意よりも

新選組結成秘話でオチ(ボケ)役にさせられたた山崎の哀れさの方が涙を誘うのはなぜだろう(せっかく本編じゃ活躍したのにね)

きっと、近藤たちより年上だったことが、バレたからかな・・・

 

それくらい、笑うところも泣けるところもなく

ただただ、すんなり行くことがないこと。それが重くのし掛かってきているんだろう。

 

ラストに出てきた強敵・虚。勝てそうな気がしない・・・

銀魂―ぎんたま― 60 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 60 (ジャンプコミックス)

 
銀魂 モノクロ版 60 (ジャンプコミックスDIGITAL)

銀魂 モノクロ版 60 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング