モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2015年読破本187】空白の桶狭間 (新潮文庫)

空白の桶狭間 (新潮文庫)

 

桶狭間の戦いを、「信長の棺」シリーズでおなじみの加藤さんがどう描くかな。

 

と思いつつ読んでみる。

 

ナルホド、秀吉の出生を交えて紐解いてくるとは。

 

 

「山の民」出身の秀吉がなぜ信長を助け、なぜ「山の民」が秀吉を、そして信長を助けようとしたのか、桶狭間の戦いの鍵となるこのやりとりが「信長の棺」シリーズを読んだ方ならニヤリとすること間違いなし

(やがて本能寺の変、秀吉政権の確立と崩壊につながっていく重要な要素になる)

 

なお桶狭間の戦いの結末は・・・う~ん、という感じ

(アイディアとしてはおもしろいけど)

 

空白の桶狭間 (新潮文庫)

空白の桶狭間 (新潮文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング