モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【2015年読破本201】岳飛伝 第四十八回(小説すばる 2015年 11月号 [雑誌])

 武人の時代が終わった。

小説すばる 2015年 11 月号 [雑誌]
小説すばる 2015年 11 月号 [雑誌]

 

Amazonで詳しく見る by AZlink

 もしかしたら、あの無敵の楊令が死んだときから、岳飛が一度“死んだ”ときから、もう決まっていたのかもしれない。

 水滸伝初期のような、一騎当千の戦士が戦況を一変させる時代は、終わりを迎えていて、生きていようがいまいが同じなのかもしれない、ということを。

 

 ウジュと史進を持って、連綿と続く華々しい闘いは幕を閉じた。

 

 そう思わせる閃光の瞬間

 

 ただただ、ついにきてしまった、と思ってしまう光景。

 史進、死ぬな・・・

 

 

 でもこれをもって、金には強敵がいなくなった。南宋も程雲が最後の砦になりそうだ(ただ、小梁山への攻撃、健在の南宋水軍が気になるが)

 いや、この考え自体が、武人の時代の見方なのだろう。個ではなく、組織力の時代になっているのだから・・・

 永きにわたる闘いがいよいよ終わりを迎える。
 今回を終えて、残り3回。いよいよ梁山泊、秦容、岳飛の雌雄を決する最終巻が始まる。

 楊令の、いや宋江たちの想いから始まった長きに渡る革命の物語、その結末を

 恐る恐る見守ろう(苦笑)

小説すばる 2015年 11 月号 [雑誌]
小説すばる 2015年 11 月号 [雑誌]

 

Amazonで詳しく見る by AZlink

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本・書籍 ブログランキングへ