モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2016年読破本90】読書は格闘技

 

読書は格闘技

 

刺激的なタイトルだ。

違和感がありながらも、頷けてしまう。

 

読んで満足して、終わってしまう。

その意識から抜け出すために、これほどストレートなタイトルはない。

そして、その中身は、このタイトル通り。前のめりな“戦い”が始まる。

 

 

本書では本を読む=アウトプットするため、という費用対効果目線を推し進め、具体的な結論にまで落とし込む実践タスクを紹介。

比較したり、検証したり、気づきを得たり。

 

格闘技、の名の通り、歴史的名著をあえて比較の壇上に置き、主観全開で言いたい放題(苦笑)

でも、正誤気にせず、自分にとって、自分から見て、など、自分のための読書(=アウトプット)って、こういうことだよな、と読んで気付く。

読書でできることはこんなにたくさんあるのか、と(今さらながら)驚きの連続だ。

 

 

まさに、本と戦ってこそ、本当の読書。

本をありがたく読んでいては取り入れられない姿勢を、この本で学んでしまおう。

 

読書は格闘技

読書は格闘技

 
読書は格闘技 (集英社)

読書は格闘技 (集英社)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング