モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2016年読破本105】北条早雲 - 相模侵攻篇

北条早雲 - 相模侵攻篇

 

なんだか表紙が弁慶みたいだ(苦笑)

 

のちに関東の盟主と呼ばれる北条家。しかし今はにわかに生まれた小領主に過ぎない。

手に入れたわずかな領地に理想郷を築いていく早雲。

 

だが、その土地を守るために、さらに多くの領地を得なければならない。

その矛盾と戦いながら、舞台は小田原城奪還へ。

一度は小田原城を制するが、奪い返されてしまうという事態に、彼らはどう対処していくのか?

 

英雄英傑と呼ばれる人たちは大なり小なり苦難を乗り越えてきた。

時には奇跡としか言いようがない偶然すら味方に付けてきた。

 

早雲も例外では無く、知恵を絞りながらも実際はスレスレの勝利が多い。果たして彼の理想は続いていくのか?

 

 

 

北条早雲 - 相模侵攻篇

北条早雲 - 相模侵攻篇

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング