モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2016年読破本222】進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

 

進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

 

 

アルミンか、エルヴィンか。

 

究極の選択に託された、理性と感情の論争。

 

生き残り、この世界を生きるのも地獄か・・・

それはそれで悲しいけどね。

 

でも、どれだけ苦しくても、生きて未来(可能性)を切り開く。

その純粋さなくしては何も変わらない。

これだけの犠牲をはらってつかみ取った勝利の先に、ただ生きているだけ、は許されない。

 

「この世界は残酷だ。そしてとても美しい」

 

この作品の名言が、いい方向へ傾くとき、人類は本当の意味で未来に迎えるのかもなあ。

 

そして、ついに明かされる秘密。

壁の向こう側から始まった物語、巨人の誕生、そしてエレン誕生の秘密・・・

 

 

進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス)

進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス)

 
進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング