モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【明治初期にみる、日本のマンパワー】読書感想:『逆賊と元勲の明治』 (講談社学術文庫)

 

 

逆賊と元勲の明治 (講談社学術文庫)

 

 

明治初期の政治・経済・外交に関する話題をコンパクトにまとめた一冊。

 

コンパクトといっても、この時代がどれだけマンパワーで(ときには強引に)物事を進めていったか、がよくわかる内容。

近年、明治維新の清廉潔白?なイメージがどんどん崩れているが、この本も崩す側の1冊だ(笑)

 

とはいいつつも、明治維新でよく取り上げられている人間ドラマや創世記にみられる熱量の多さではなく、本書ではかなり冷静に事態の推移を解説している。

これまでのイメージありきではなく、事実としてこの時代を見ていくことにおいては、かなり濃厚で貴重な構成になっている。

 

特に、どうしても悪役にされがちな山県有朋に対する分析は読む価値がある。

また、なかなか史料のない明治天皇に関する意欲的な考察も読んで損は無い。

 

そろそろ、史実(事実)から、歴史を読み解く見方をしていかなくちゃいけない時代に差し掛かってきている。そんな気にさせられる内容だ。

 

 

 

逆賊と元勲の明治 (講談社学術文庫)

逆賊と元勲の明治 (講談社学術文庫)

 
逆賊と元勲の明治 (講談社学術文庫)

逆賊と元勲の明治 (講談社学術文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング