モーション・グリーン

2018年年初目標の読破300冊を達成し、最終334冊!2019年も読みまくる!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【三国史上に残る名エピソード】読書感想:『三国志激戦録』 (光文社時代小説文庫)

三国志激戦録 (光文社時代小説文庫)

 

雑誌連載の短編をまとめた、三国志関連の一冊。

小説と言うよりエッセイなのだが、近年三国志本を多数手がけている三好さんなだけに、独自目線が随所随所に入ってくるのが小気味よい。

 

三国志は子供の頃から読んできたけど、もはや原典をなぞるだけの三国志では、変なフィルター越しの英傑を見ることが出来ず、正しく理解できないような気がする。

 

やはり何千年前であろうと同じ人間だ。

ある程度のリアリティがあって、初めて入り込める。

 

曹操が悪役ポジションながら評価が高いのも、業績をフィルターなしに観た結果なのだろうなあ。

 

 

三国志激戦録 (光文社時代小説文庫)

三国志激戦録 (光文社時代小説文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング