モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【墜ちることも知らなきゃいけない】読書感想:『古戦場 敗者の道を歩く』 (講談社+α新書)

古戦場 敗者の道を歩く (講談社+α新書)

 

再読。

 

改めて読むと、「敗者の~」とあるが、古戦場ごとに勝者も敗者も視点を変えて取り上げていた。

別に敗者だけを取り上げているわけじゃなかったんだな。

今さらですが(苦笑)

 

 

昔は英雄が人気だった日本史。

今は、“歴史上の”敗者にもスポットがあたりはじめ、歴史の見方も広がってきた。

もう、勝ったものばかりみる時代じゃない。

今が永遠ではないのだから、墜ちた人や墜ちた時代のことも見て学ぶべきなのだ。

 

そういう意味では貴重な1冊。

但し、10年以上前の本だから無理もないが、広く浅く紹介しているので、旅本としても歴史本としても食い足りない。

情報含めて、アップデートが必要だなあ

 

 

古戦場 敗者の道を歩く (講談社+α新書)

古戦場 敗者の道を歩く (講談社+α新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング