モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【司馬さんが描けなかった、影絵のように塗り残してしまった部分】読書感想:『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 』(NHK出版新書 517)

 

「司馬?太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

 

ようやく、ようやく出てきた。

ようやく司馬遼太郎を分析する本が出てきた!

 

日本の歴史にもはや定説として君臨している司馬作品を、作品として紐解くこと。

司馬遼太郎を、一人の作家として思想家として見ること。

そして、彼がここまでたくさんの作品を書いたその真意を探ること。

 

「司馬遼太郎の作品は、ビジネスにも役立つたくさんの要素が入っている」なんて謳い文句で、思考を止めてはいけない。

一つの作品として、歴史の定説を当てはめて、きちんと検証しなきゃいけない。

 

ただ愛でるのではなく、そういうステージに、僕たちは立たなきゃいけないのだ。

 

 

意外に知られていないが、司馬遼太郎は戦前、戦争記者として従軍していたことがある。

そして従軍先で戦闘に巻き込まれ、危うく死ぬところまで追い込まれた。

しかもそれは、日本軍の愚かな作戦のせいだった(少なくても本人はそう思っている)

 

なぜ、自分は死にそうになったのか。

なぜ日本はこんな愚かな作戦で多くの日本人を殺すような民族になってしまったのか。

 

後に、数多の歴史小説を書く司馬遼太郎の根底にあるのは、日本人への深い誇りとショックから来ている。

そう捉えると、司馬作品がなぜその時代(人物)を題材にしたのかも見えてくる。

 

斎藤道三、織田信長、坂本龍馬、西郷隆盛、大村益次郎・・・

いずれも、司馬遼太郎が考える日本の転換点上にいる人物であり、これからの日本へのエールを込めて書かれた人物たちなのだ。

(司馬観と言われる独特の語り口に時々入ってくる、日本陸軍への厳しい口調も頷ける)

 

本書は、司馬遼太郎をきちんと見つめ直すことで、日本人がもう一度自分の目で日本史を知るための1冊となっている。

取り上げてくれた磯田さんに心から感謝!

 

そして、なぜ司馬さんが“戦後”を書かなかったのか、なぜ晩年はエッセイばかり書いていたのか、という最大の謎にも迫っていく。

彼が書ききれなかった、これからの日本とは・・・

 

その答えは「二十一世紀に生きる君たちへ」「洪庵のたいまつ」にこめられた“共感性と自己の確立” 。にあるのかもしれない。

 

僕たちがこれからどう生きていくべきか、歴史から何を学ぶべきなのか。

改めて問い直していきたい。

 

「司馬?太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

「司馬?太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

 
「司馬?太郎」で学ぶ日本史 NHK出版新書

「司馬?太郎」で学ぶ日本史 NHK出版新書

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング