モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【その考え、どこまでがアナタのものですか?と言われる前に】読書感想:『自分のアタマで「深く考える」技術 』(PHP文庫)

自分のアタマで「深く考える」技術 (PHP文庫)

 

 

何でも調べてしまう現代。

気がつけば、どこまでが自分の考え(自分で考えたこと)なのかわからなくなる(涙)

これからは、自分が考えたり構築したことに価値が出ないとAIに負けてしまう、という恐怖感がつきまとうようになってきた・・・

 

でも、自分らしさの発揮はもちろんのこととして、それ(考えとかアイディア)の価値を認めてもらうためには、どうしたらいいのか?

実は最近、哲学が注目を集めているのは、上記の答えになるものを秘めているからかもしれない。

 

本書は哲学を応用した、考えるクセの確立を提唱している小川さんの哲学思考術。

とはいっても哲学はあくまで根っこの要素であり、具体的な思考訓練や、使える発想法など使えそうなやり方が中心なので、構えること無く読んで大丈夫だ。

 

紹介されている様々な手法をきっかけにして、その過程から出てきた自分の考えや閃きこそ、アナタの考え。

あとは、それ(それら)の仮説検証を行うだけだ。

 

むしろ、哲学的要素の紹介コーナーはきちんと解説しようよ、と思うほどのざっくり解説(苦笑)

あげくの果てに、最後にきて、困ったら気合いだの、自然に委ねよ、だそうな(爆)

まあ、哲学らしいけど・・・

 

自分のアタマで「深く考える」技術 (PHP文庫)

自分のアタマで「深く考える」技術 (PHP文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング