モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【読書感想】チンギス紀 第五回(小説すばる 2017年 09月号 [雑誌])

帰ってきた英雄。そのまなざしは、遙か先と確かな足元を見据えていた。 

小説すばる 2017年 09 月号 [雑誌]

小説すばる 2017年 09 月号 [雑誌]

 

ようやくテムジンが戻ってきた。後のモンゴル最大の英雄・チンギス=ハンの始まり、となるのだろうか。

 

よくよく考えてみると、テムジンは外の世界を見る絶好のタイミングで故郷を出たんだなあ。

弟殺しの身で、飛び出して、そして戻ってくる、彼が戻ってくることが、ある種の相図となって、各陣営が動いていく。

最大のライバルが渇望されているこの民族感覚はもうひとつわからないのだが(苦笑)確かなことは家族の結束が本当に愛おしくなるほど強くなっていくこと。特にお母さんホエルンは北方文学の中でも傑出した完成度の高さ、理想の母親ではなかろうか!

 

北方作品の中でも珍しい「待つ大家族」。もちろん家臣も仲間?もいるのだが、家族が大きな存在として描かれているのも印象深い。家族がこの作品の大きなテーマなのかもしれない。

 

小説すばる 2017年 09 月号 [雑誌]

小説すばる 2017年 09 月号 [雑誌]

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング