モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【読書感想】曹操のライバルは、やはり袁紹だった 「孟徳と本初 三國志官渡決戦録」

・・・・・・俺が勝てたのは、本初の下に郭図という裏切り者がいたからに過ぎん 

孟徳と本初 三國志官渡決戦録

孟徳と本初 三國志官渡決戦録

 

劇史三国志シリーズ、待望の新作!

今回は(意外にも)このシリーズでは深堀されていない曹操、そして袁紹が雌雄を決した官渡の戦いを描いた一作。

  

なのだが、

惜しいなあ、もう一歩踏み込んで欲しかった・・・

 

曹操と袁紹の愛憎(?)渦巻く戦略戦、臨場感抜群の官渡決戦、そして何より(このシリーズ最大の功績である)劉備を巡る攻防の新解釈、などなど見所満載の1冊。

特に名家の詰めの甘いボンボンと言われがちな袁紹を“王道”の名将に昇華した本作の意義は大きい。もちろん甘いところはあるのだが、突出したリーダーシップよりも、周囲の意見と空気を読み、組織と人を円滑に動かしていくその手腕は、まさに治世の名君の可能性を秘めている。

また、政権の理想図が意外と曹操と似ていることも面白かった。権威主義者っぽい袁紹だが、帝政の限界と変革の必要性についても認識がきちんとなされているというのも爽やかな驚きだ(この構図が袁家だからこそできるというのもポイント)

 

本作では兵力と家柄で圧倒され、知恵と用兵で袁紹と渡り合おうとする曹操が、ちまちま小細工を施して少勝を得ている姿がなんだか哀れに見えてしまう錯覚に陥る。物語中盤以降、まさしく名家堂々と闘う袁紹こそが、読んでいて勝者にふさわしく見えてくる、勝てる気配が感じられないのだ。冒頭の引用したセリフ通り、裏切り者の暗躍が無ければ曹操は勝てなかっただろう。

 

その一方で、曹操と袁紹の対決が、幼友達からの一線から拡がらないため、どうしても攻防のダイナミックさとミスマッチしてしまい、尻つぼみで終わった気がしてならない。

袁家にはびこる謀略劇もいまいちパッとしない。あれだけ序盤動いていた郭図がでてこないだけではなく、本来の目的だった、己を高く売る、というところがまるで出来ていないのは、この作品全体がしっくりこない要因の一つだろう。

 

一番の残念な点は曹操が袁紹を通じて、国家観や大望を掴む、みたいなところまで本作で詰めて欲しかったなあ。

 

とはいいつつも、曹操が今回の袁紹が見せた“王道”に大きな影響を与えられたことは、荊州南下→赤壁での行動を重ね合わせると見えてくる。

曹操の驕り、と評される。大軍ごり押しの侵攻と、赤壁前後での曹操軍の鈍さが、今回の袁紹の動きと重なることを思うと、この後の曹操の心境変化を追うことで、大きな物語が生まれてきた気がする。まさしく劇史ならではの曹操像が、もうそこまで来ている。

願わくは、そこまで曹操を描ききってほしい、そうじゃないと曹操が中途半端で終わってしまう(涙)

 

孟徳と本初 三國志官渡決戦録

孟徳と本初 三國志官渡決戦録

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング