モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【加来さんの名著再び】読書感想:坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

 

かつて勝海舟と坂本龍馬 (PHP文庫)という名著があった。

僕の司馬観オンリーだった坂本龍馬イメージを大きく塗り替えた1冊だ。

 

勝海舟と坂本龍馬 (PHP文庫)

勝海舟と坂本龍馬 (PHP文庫)

 

 

それから時を経て、加来さんが再度龍馬について語ってくれる時が来るとは・・・

 

時代を経ている分のアップデートもされていて、仰天真相や幕末についての深い洞察も健在。個人的には、幕末の根本的な考えや見方を学ぶなら、司馬作品より加来作品だと改めて確信した(小説と解説本、などいろいろ違いはあるものの)

 

ただ、

 

龍馬暗殺についての考察がなぜアップデートされないのかが謎。

 

 

坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

 
坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング