モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【独特だから、愛しくなる】読書感想:『すごい古書店 変な図書館』 (祥伝社新書)

すごい古書店 変な図書館 (祥伝社新書)

 

ここがヘンだよ~、みたいなタイトルだが(笑)

 

本書で紹介されている書店や図書館紹介を読むと、独特な視点が多い。

 

経営のこと

本のこと

店舗のある場所と住民(お客さん)のこと

 

商売としては当たり前のことだけど、本を取り扱う、という事を楽しみながら、今なおよりよく(変な方向に行くこともいとわず?)変わろうとしている店長さん。

店舗の紹介は、文字数が少ないながらも、ホンキアソビ心が感じられる。

 

書店が減っていると言われて久しい。

だが、「本屋やりたくて」と起業した、なんてコメントがあると、本好きとしては本当に嬉しい。

 

たとえ規模は小さくても、独特の古書店や図書館が街の交流の場になっているとしたら非常に心強い。

いち本好きとして、ささやかながらも応援しよう、と改めて思った1冊だった。

(できれば、古書店だけではなく、本屋もがんばってほしい)

 

今なお奮闘している街の本屋さんや図書館も、是非工夫を凝らしてほしいと思う。

 

本書で紹介されている古書店は都会だけではなく地方分も紹介されている。

行ってみたくなる古書店や図書館もあるので、是非立ち寄ってみたい。

 

 

すごい古書店 変な図書館 (祥伝社新書)

すごい古書店 変な図書館 (祥伝社新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング