モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

2017年10月読んだ本のまとめ

10月の読書メーター
読んだ本の数:22
読んだページ数:5514
ナイス数:89

 

飛躍の10月でした。

読破冊数もだいぶ回復。いろいろ芯の部分でいろいろ掴めてきた、気がする。

さあ、今年もあと2ヶ月。飛躍が予感で終わらないように、進歩していかないと。。

北条氏康 関東に王道楽土を築いた男 (PHP新書)北条氏康 関東に王道楽土を築いた男 (PHP新書)
読了日:10月03日 著者:伊東 潤,板嶋 恒明
「踊る大捜査線」あの名台詞が書けたわけ (朝日新書)「踊る大捜査線」あの名台詞が書けたわけ (朝日新書)
読了日:10月03日 著者:君塚良一
銀魂―ぎんたま― 70 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 70 (ジャンプコミックス)
読了日:10月04日 著者:空知 英秋
最低の軍師 (祥伝社文庫)最低の軍師 (祥伝社文庫)
読了日:10月05日 著者:簑輪諒
成功者の自分の時間研究成功者の自分の時間研究
読了日:10月06日 著者:上野 光夫
孟徳と本初 三國志官渡決戦録孟徳と本初 三國志官渡決戦録感想
劇史三国志シリーズ、待望の新作!なのだが、惜しいなあ、もう一歩踏み込んで欲しかった・・・曹操と袁紹の愛憎(?)渦巻く戦略戦、臨場感抜群の官渡決戦、そして何より(このシリーズ最大の功績である)劉備を巡る攻防の新解釈、などなど見所満載なのだが、曹操と袁紹の対決が、幼友達からの一線から拡がらないため、どうしても攻防のダイナミックさとミスマッチしてしまい、尻つぼみで終わった気がしてならない。曹操が袁紹を通じて、国家観や大望を掴む、みたいな展開を期待したのだが・・・
読了日:10月09日 著者:吉川 永青
死ぬほど読書 (幻冬舎新書)死ぬほど読書 (幻冬舎新書)
読了日:10月11日 著者:丹羽 宇一郎
決戦!関ヶ原2決戦!関ヶ原2感想
映画に合わせた、っていう大人の事情があるにせよ(笑)日本の歴史を変えた戦い、まだまだ掘り下げられるスケールがあることを改めて感じた、決戦!関ヶ原第2弾。今回最大の魅力は、新進気鋭の作家が名を連ねていること。天野・吉川・箕輪といった方々のお披露目としても十分な意味がある。読んでみるとやはり勢いがある。それでいて文章が老成化してる(爆)ますますこの先が楽しみだ。惜しむらくは書き下ろしが箕輪さんしか無いこと(だから云々言うことはないのだけど)
読了日:10月13日 著者:葉室 麟,東郷 隆,宮本 昌孝,冲方 丁,天野 純希,吉川 永青,簑輪 諒
信長嫌い信長嫌い
読了日:10月16日 著者:天野 純希
小説すばる 2017年 11 月号 [雑誌]小説すばる 2017年 11 月号 [雑誌]
読了日:10月17日 著者: 
女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)
読了日:10月18日 著者:大塚 ひかり
北条早雲 - 明鏡止水篇北条早雲 - 明鏡止水篇
読了日:10月20日 著者:富樫倫太郎 著
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(6) (講談社コミックス月刊マガジン)龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(6) (講談社コミックス月刊マガジン)
読了日:10月21日 著者:川原 正敏
岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫 き 3-95)岳飛伝 12 瓢風の章 (集英社文庫 き 3-95)
読了日:10月22日 著者:北方 謙三
一瞬で人生が変わる すっごい呪文一瞬で人生が変わる すっごい呪文
読了日:10月23日 著者:メンタリストDaiGo
誰も書かなかった 西郷隆盛の謎 (中経の文庫)誰も書かなかった 西郷隆盛の謎 (中経の文庫)
読了日:10月24日 著者: 
信長 暁の魔王 (集英社文庫 あ 64-5)信長 暁の魔王 (集英社文庫 あ 64-5)
読了日:10月25日 著者:天野 純希
成果を生む人が実行している朝9時前のルール成果を生む人が実行している朝9時前のルール
読了日:10月27日 著者:美崎 栄一郎
世の中の意見が“私”と違うとき読む本―自分らしく考える (幻冬舎新書)世の中の意見が“私”と違うとき読む本―自分らしく考える (幻冬舎新書)
読了日:10月28日 著者:香山 リカ
坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)
読了日:10月28日 著者:加来 耕三
頭がよくなる速書き術―苦手な文章がスラスラ書けるようになる本頭がよくなる速書き術―苦手な文章がスラスラ書けるようになる本
読了日:10月29日 著者:松本 幸夫
複数の問題を一気に解決するインクルージョン思考複数の問題を一気に解決するインクルージョン思考
読了日:10月30日 著者:石田 章洋

読書メーター