モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【変革の入り口を創った者たち】読書感想:『幕末 - 非命の維新者』 (中公文庫)

幕末 - 非命の維新者 (中公文庫)

 

大塩平八郎、橋本左内を始めとした、江戸末期~幕末にかけて活躍した思想家達。

彼らは明治維新への入り口となる、日本国民の意識変革に大きな貢献をした反面、時としてとんでも行動に出たり、飛躍した論理で歴史に一石を投じた。

 

当時明晰さでは類を見ないほどのものを持っていた彼らは、なぜ効率的な道を選ばず、非業の最期を遂げなければならなかったのか。

彼らに迫ろうとしながらも、彼らに共感してしまっている著者の文面が痛々しい。

 

混迷の時代、己を壊していかないと、未来を実現できない、と彼らは思ったのだろうか。それとも、変わらない世界に絶望したのだろうか。

 

あまり文面に引っ張られずに、思いを馳せてみたい1冊だ。

 

 

幕末 - 非命の維新者 (中公文庫)

幕末 - 非命の維新者 (中公文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング