モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【日本史を城をめぐる合戦から俯瞰してみよう】読書感想:『名城と合戦の日本史』 (新潮文庫)

 

名城と合戦の日本史 (新潮文庫)

 

 

文庫版再読。

城が最近ブームらしい。歴史好きとしては嬉しい限だ。

ただ、現存している城はあくまで天守閣。戦国時代の城は、跡が中心の山城だ。

跡の方が、マニアにとってはおもしろさ倍増なのだが、果たしてそこまでファン層は広がるのかどうか(汗)

 

なお、ゲームだと単純化されすぎているが、城を落とせば領土を獲得できる、という構図は間違っていない。

それだけ城は領土の象徴であり、城主(大名)にとって重要な場所。

だから、城を巡る戦いには、戦国時代の色々な要素が凝縮されている。

 

小和田先生が厳選した、城と合戦のお話しは、どれもこれもおさえておくべきエピソードばかり。

収録されているのは良く知られている話しばかりだが、関ヶ原合戦裏話し(幻の大垣城攻め・関ヶ原後の佐和山城攻め)も収録されている。

日本史黒帯の方々にも読み応えある内容。

 

 

名城と合戦の日本史 (新潮文庫)

名城と合戦の日本史 (新潮文庫)

 
名城と合戦の日本史(新潮文庫)

名城と合戦の日本史(新潮文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング