モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【その男、チェンジングマン】読書感想:へうげもの(4) (モーニング KC) 古田織部誕生!

へうげもの(4) (モーニング KC)

 

天下が秀吉を中心に回り始める。

そして、芸の頂には、巨匠・千宗易がそびえたつ。

 

決して相容れない様相が、作品の中から吹き荒れてくる。

混迷と狂気が同居する時代。

皮肉にも戦国の世が新たな局面を迎える一方で新たな世界が萌芽する。

美・芸・そしてわびさび、茶目っ気。

 

義よりも欲

名より、自分らしさを求めて、情熱が高まっていく左介。

 

 

今巻ではついに、

左介改め

古田織部が誕生する!

 

織部への命名を描いた「チェンジングマン」は『へうげもの』全話の中で最も好きな話で、未だに読むと興奮する。

 

“へうげ”の萌芽が始まっていた左介らしい観点と、それを引き寄せたエピソード、そして元になった、ある意味しょうも無い話(笑)とドヤ顔(爆)

 

今でも忘れられないなあ。

 

 

織部にも大きな転機となった本巻だが、秀吉や利休の内面描写も見逃せない。

 

ある種、信長を殺しておきながら超えられていなかった秀吉が、なぞりながらも乗り越えようとする姿が、どことなく痛々しい。

その一方で、己の芸のためなら、他のいかなる要素をも排除しようとする利休の冷徹さが怖い。

 

やはり、権力を求めてしまうと、人は敵をつくってしまう。

 

 

 

へうげもの(4) (モーニングコミックス)

へうげもの(4) (モーニングコミックス)

 
へうげもの(4) (モーニング KC)

へうげもの(4) (モーニング KC)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング