モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【死から生へ】読書感想:センゴク(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 

センゴク(3) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

明智光秀、登場。

 

きっと当時の読者は度肝抜かれただろう(笑)

この1年後、戦国BASARA(ゲーム)が発売されたとき、「センゴクかよっ」と思ったのかな(違)

 

(ある種)おなじみの光秀人物像から大きく脱却した、凶器と知性を兼ね備えた名将。

優男から大きく?逸れたおっかないお顔。

受け入れるには少し時間かかりそう

だってこのキャラと顔なら謀反起こしそうだから(苦笑)

 

そんな光秀が実力を遺憾なく発揮した籠城戦と援軍の戦いから、

本巻は金ヶ崎撤退戦へ。

 

どちらも詳細に描かれた作品は少ないので非常に新鮮。特に撤退戦の木下軍の残り兵力カウンターが随所に出て来るのはおもしろい手法。

しんがりの絶望的進捗が、読み手にもひしひしと伝わってくる。

 

死 から 生 へ

 

現段階では撤退戦で共闘するはずの光秀・家康勢は見えていないが、果たして登場するのか・

 

そして、この作品ならではのキャラも登場

坂井久蔵って(苦笑)

 

姉川の合戦での結末知ってる身としては涙が・・・

 

 

センゴク(3) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング