モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【姉川前夜】読書感想:センゴク(4) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク(4) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

表紙の光秀さんがラスボスか中ボスのごとく怖すぎる(苦笑)

 

まあ後年のことを考えると間違いではないのだけど・・・

 

 

さあ、瀕死の状況ながらも金ヶ崎の撤退戦を終え、いよいよ物語は姉川の戦いへ。

 

光秀の「殺し間」はともかく、史実(一次史料)に乗っ取った時代背景や設定・構成への反映度は巻を増すごとに徹底されていく気がする。

こういう合戦間のやりとりできっちりキャラクターの成長や数少ない日常を描くところも、今のところいいバランスだと思う。

 

実際、この時期の織田家配下のみなさまは、休む暇も無く転戦していた。

兵農分離が上手く機能していたという話が定説だが、それより何より、仕えていた武将やその配下達のメンタルの強さだと思う。この作品読むと、ホントそう思う。

 

そして

ここで竹中半兵衛がようやく正式加入。

 

往年の戦国ファンからすると驚くだろうな

(実は一次史料から読み解ける半兵衛の織田家仕官はこの時期。もっというと記録上は姉川以降らしい)

 

しかも死線をくぐり抜けた藤吉郎やセンゴクのオーラに半兵衛が感化されるという、すばらしい説得力が上澄み!いやはや、見後な構成だ。

 

センゴク(4) (ヤングマガジンコミックス)

センゴク(4) (ヤングマガジンコミックス)

 
センゴク(4) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク(4) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング