モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【違った切り口からの関ヶ原】読書感想:『経済で謎を解く 関ヶ原の戦い』 (青春新書インテリジェンス)

 

 

経済で謎を解く 関ヶ原の戦い (青春新書インテリジェンス)

 

 

どうしても、人物関係とか天下=武力闘争、のような固定イメージがついてしまう戦国時代。

 

ただ、最近は固定観念以外の切り口が増えてきて、学べることが増加中!

本書も秀吉・家康を経済政策で比較したり、三成の合理的な戦略を改めて検証するなど、「家康が勝つべくして勝った」結論に安易にたどり着かない構成が読み応え抜群。

 

また、信長の土地依存解消スタンスが、本能寺の変を招いたという論調を展開しており、こちらもおもしろい話し。

 

戦国時代を改めて見つめ直せる1冊だ。

 

 

経済で謎を解く 関ヶ原の戦い (青春新書インテリジェンス)

経済で謎を解く 関ヶ原の戦い (青春新書インテリジェンス)

 
経済で謎を解く 関ヶ原の戦い

経済で謎を解く 関ヶ原の戦い

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング