モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【読書感想】真実の航跡 第3回(小説すばる 2018年 3月号 [雑誌])。過去と今が重なる。そこから未来は生まれるか?

 

小説すばる 2018年 03 月号 [雑誌]

小説すばる 2018年 03 月号 [雑誌]

 

 

「ダートマス事件」当事者がようやく登場し、真実への扉がようやく開かれることに、なりそう。鮫島の熱さの理由も少し見えてきたかな。

 

 回想で出てきた作戦報告研究会は、今の日本アルアルだった。というか、今年に入ってから何度も似たような場面に立ち会った。専門家も良し悪しだなあ。得意知識や得意分野を語ることが目的ではないこと、肝に銘じたい。

 

 これまでの作品では自身の独白(回想)で振り返りながら現在進行、という構成が多かった伊東文学。

 今作品は当事者が主人公に会うことで、過去と現在がきちんとつながっていき、それが主人公の成長へつながっていくという王道構成。連載の区切りも今のところ見事な起承転結。なんだか不思議な気分になる(笑)

 

小説すばる 2018年 03 月号 [雑誌]

小説すばる 2018年 03 月号 [雑誌]

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング