モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【紙一重の革命】読書感想:『「絶体絶命」の明治維新』 (PHP文庫)

 

「絶体絶命」の明治維新 (PHP文庫)

 

ー 明治維新は、失敗寸前のヒヤヒヤ革命だった ー 

あんまり話題にのぼらない(気がする)のだが、司馬作品でもこの話題は取り上げられていた。

なるべくしてなったと見てしまう明治維新。

だが実態は失敗寸前のところまで追い込まれていた、世界的にも例を見ない紙一重革命だった。

 

最近は様々な専門家の指摘により、“平和革命”のメッキもはがれてきた気がするのだが、本書読むと、政府側の苦境がより鮮明に見えてくる。

 

軍事的、環境上の理由、そして財政難。

当事者であれば錦の旗印だけでは、とても政権奪還なんて・・・と思っていたのではなかろうか

本書はそんな脆弱な状況の中で、なんとか盛り返そうとする政府側と、復権を図る旧幕府側との熾烈な駆け引きを明らかにした1冊。

 

著者は非常に読みやすくわかりやすい解説でおなじみの安藤さん。

秀逸なのは、政府と旧幕府だけではなく、江戸(東京)の民衆が、政府をどう見ていたのか、という視点を取り入れて、明治初期の日本を丸裸にしていること。

読めば読むほど、よく明治政府はこの短期間で成立したものだ、と関心すらしてしまう。

 

政府目線で、苦境を乗り切る術を学ぶか

旧幕府目線で、巻き返しの駆け引きを学ぶか

 

どちらの目線で読むかで、入り込み方が変わるかも。

 

 

「絶体絶命」の明治維新 (PHP文庫)

「絶体絶命」の明治維新 (PHP文庫)

 
「絶体絶命」の明治維新 (PHP文庫)

「絶体絶命」の明治維新 (PHP文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング