モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【死なぬため!生きるため!】読書感想:センゴク(10) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク(10) (ヤングマガジンコミックス)

 

新説・三方ヶ原の合戦。

 

次から次へとエース級が出てくる武田軍。

歴史知らない読者でも、「なんかすごそう」が感じ取れる書き方は流石だなあ。

 

 

そして、通説とは異なるとはいえ、完全に手玉にとられる徳川軍。

上空から、足元から、様々な視点を駆使して、ダイヤミックに描かれる合戦模様は、これ以上ない体験と絶望的な状況を読者にもたらしてくる。

 

その一方で、ここまでの死線を十二分に活かしたセンゴクの大立ち振る舞いがカッコよすぎて感慨深い。

しかも、センゴクに感化されたのが佐久間盛政とは・・・こりゃ賤ヶ岳の戦いが楽しみだ。

 

通説ではこの三方ヶ原の戦い様と後年の顛末で評判の悪い佐久間信盛。

この作品では多少のフォローにもなっているかな?

 

さあ、次は浅井朝倉殲滅戦へ。

 

センゴク(10) (ヤングマガジンコミックス)

センゴク(10) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

 

センゴク(10) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク(10) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング