モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【読書感想】衝天の剣 島津義弘伝 (上) 悲劇と喪失の連鎖 それでもあがく漢たちの物語

島津は失った。かけがえのない命を。

島津は割れていった。すれ違い、迷い、そして崩れていく・・・

 

それでも、漢たちは秘め続けた。

消えない炎と、天を衝く剣を。

 

墜ちた島津家 その迷走と激情の物語。

 

衝天の剣 島津義弘伝 上

衝天の剣 島津義弘伝 上

 

 

名作「破天の剣」の続編にあたる、天野さんが描くその後の島津家。

 

破天の剣 (時代小説文庫)

破天の剣 (時代小説文庫)

 
破天の剣

破天の剣

 

 

タイトルには「島津義弘伝」とはあるものの、

兄・義久や弟・歳久、そして秀吉や李舜臣など、印象に残る人物が次々と登場し、波乱と混迷の情勢がこの上巻丸々続く。義弘はむしろ巻き込まれ役(苦笑)

 

 

 

もしかしたら

 

「破天の剣」で止めておいた方がよかったかもしれない

 

 

そう思うほど、家久亡き後の島津家がボロボロすぎる(涙)

行政側(この場合は三成)からするとこんなに手のかかる大名、よく窓口引き受けたもんだ(爆)

 

 

爽快感まるでないこの本だが、義弘目線だとどうしても悪役になるがちな義久や忠恒にもしっかり目配りされており、一方的な見方をしないよう配慮されているのが、流石天野さん。

 

他にも

 

史実上の島津謎行動の理由付けや、

島津ー豊臣ー明 といった海外ルート問題、

それらをつなぐ義久ー歳久の大戦略など、

 

天野作品ならではのリアリティあふれる構成が、先々への伏線にもつながっているように感じられて、先々を期待しながら読み進められる救いがあったのが嬉しい(?)

 

また、朝鮮出兵についても細かい描写やすさまじい戦闘シーン、李舜臣との海上決戦など、鬼島津・軍神義弘の活躍も見逃せない。

 

 

それにしても、豊臣家の陰険な部分がこれでもかと描かれているのが、豊臣ファンには耐えられない展開かも・・・こんなに暗殺政権だったっけか?

 

 

衝天の剣 島津義弘伝 上

衝天の剣 島津義弘伝 上

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング