モーション・グリーン

紆余曲折を経てブログ開設10年越え!たぶんこれからも本の感想とか特撮(仮面ライダー)とか映画とかアニメとかドラマの感想書いていきます。

【読書感想】真実の航跡 第4回(小説すばる 2018年 4月号 [雑誌])。公判前夜、繰り出す決意 「真実の航跡」を求めて!

小説すばる 2018年 04 月号 [雑誌]

 

公判前夜。

 

思うに

 

結果も大事ではある一方

日本人として逃れられない現実と、それでも前へ進もうとする歩みの大切さ.

 

これがこの作品の持つもどかしさ(笑)とパワーなんだなあ、と改めて実感。

鮫島の泥臭さはちょっと暑苦しい気がしてきたけど(笑)

 

 

それでも

法廷という公平な?場所で

きちんと、卑下することなく堂々とたつ。そんな心位置は確保できた気がする。

 

これは終わりではない。日本人として、遠ざかった誇りを取り戻す、ささやかな一歩。

待ち受けるは、そびえ立つ現実か

それともさらなる真実と未来への可能性か。

 

鮫島視点ばかりだったので、他のメンバーの動向も気になるところ。

次回が楽しみだ。

小説すばる 2018年 04 月号 [雑誌]

小説すばる 2018年 04 月号 [雑誌]

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング