モーション・グリーン

紆余曲折を経てブログ開設10年越え!たぶんこれからも本の感想とか特撮(仮面ライダー)とか映画とかアニメとかドラマの感想書いていきます。

【読書感想】これぞ、島津の底力! 回天の剣―島津義弘伝〈下〉

弟が残した切り札。

回天の策をもって、龍伯天下に筋を通す

 

漢たちが託した、武士の誇り。

想いを背負い、維新天下に武を刻む

 

 

 

回天の剣―島津義弘伝〈下〉

 

天野島津伝、いよいよ後編。

 

後編になっても、救いようのない島津分裂、忠恒大暴走、島津敵中突破という至高の一手でも、あと少し届かない、などなど

 

苦難が絶えることのなかった義弘。

 

ただ、その時の中で

最善を尽くした彼の決断と、義弘を支えた一族と家臣達。

 

さらには、最大限活かすことが出来た義久の執念。

 

 

徳川政権が立ち上がる中で、ただ一家、最後の最後まで筋を通し、切り札を残し、すべてを最大限使い切った島津の底力。

 

終盤近くでようやく溜飲がおりた。。。

 

後年、幕末に異次元の活躍をみせる島津家の高度政治的寝技。義久に見ることが出来るかもしれないなあ。

 

 

 

もっとも、やっぱり忠恒、その先においても、お前なあ・・・(涙)

※豊久の死については、義弘の身代わりで死んだ、という作品が多いがそれは誤伝らしい。

 史実だと重傷を負いながらも戦場を脱出。しかし、逃亡先で重体となり、そのまま死去。家臣は民家で豊久の介抱を頼んだが、住民から断られた。この作品ではこの史実を基に衝撃的な結末を用意している。是非確かめて欲しい。

 

 

四兄弟が死力を尽くして、島津を守り抜けたこと。それで満足しなきゃ、なんだろうなあ(苦笑)

 

 

ちなみに、この作品は義久と義弘を最期まで描いていく。二人を死の間際まで描ききった作品は結構珍しい。

最期は涙無しには読めない名シーンだ。

回天の剣―島津義弘伝〈下〉

回天の剣―島津義弘伝〈下〉

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング