モーション・グリーン

紆余曲折を経てブログ開設10年越え!たぶんこれからも本の感想とか特撮(仮面ライダー)とか映画とかアニメとかドラマの感想書いていきます。

【読書感想】維新の肖像 僕たちの“読書”を、この本から変えていこう。

維新の肖像 (角川文庫)

 

以前、合戦の日本史 (文春文庫)を読んで興奮したことがあった。

一流の歴史小説作家の対談の中で、「司馬遼太郎の次」というテーマが出てきたことだ。

司馬遼太郎という偉大な作家の良し悪しに触れつつも、彼が知りたがった日本人の本質(ルーツ)、数多くの作品が未だに愛され、大きな影響を与えているのは、そのテーマ性。その答えに近づく戦前(日露戦争後)を、司馬さんは描くことが無かった。

 

歴史小説が今の世に何を提示できるのか。ただの消費財にならない物語を提供するにはどうしたらいいのか?

少ないページ数ではあるが、踏み込んだ議論が展開された。

この議論をしてくれたこと自体、感謝と感動で胸がいっぱいだったのだが、その答えは司馬遼太郎が残した課題?を誰が、どういう形で描いていくのか。というところに移っていったのが嬉しかった。

 

ようやく、歴史小説がその役割?を担おうとしてしてきたのだ、と。

 

文学に限らず、国民的作品が生まれなくなった、と言われて久しい。

もちろん取り巻く環境の変化があったのは大きな理由だが、その時々のニーズに合わせたものを提供するあまり、人を変える・動かすという大きな使命が薄まったから、というところから、目を背けていたのではないだろうか。

 

もしそうだとしたら、この奇妙な倦怠感あふれる世の中だからこそ、挑んで欲しい。

 

そんな声に出てこないニーズに、合戦の日本史 (文春文庫)の作者達は挑んでくれるようだ。

 

そして、この作品は、その第一弾となったのかもしれない。

維新の肖像 (角川文庫)

 

単行本を読みたいと思いつつ読めなかった1冊

そして

読まなかったことを悔やんだ1冊。

 

武士としての誇りを胸に戦い続けた朝河正澄、

そして過去と向き合い、現状に押しつぶされそうになりながら、昭和という状況と向かい合った貫一。

 

この2人が実在していたという、奇跡のような題材を送り出した安部さんのチョイスが本当にすばらしい。よくぞ、掘り起こしてくれた。

 

彼らのその劇的で理不尽な展開に抗う生き様が、そのまま“物語”として我々に実態を突きつける。

貫一が正澄の記録を題材に、私生活(現代)の合間に書いていく構成が、過去と現代を無理なくつないでいて読みやすく、それでいて過去を通じて現代(貫一)が動かされていく様が読者との一体感を生んでいく。

 

維新は本当に人々を解放したのか。維新は正義が勝った象徴なのか。

 

今(2018年)でこそ、明治維新はその実態が解明され、輝かしい革命とはほど遠い姿を、我々は知ることが出来る。だがそれより前に、過去を紐解き、気づき、向かい合い、(かすかながらも)実態を世に送り出した男がいた。

 

語られてきた知識、更新されていく史実。情報の波に流されることなく、気づき、拡げ、深め、形作っていく。

 

これから私たちが求めていくべき要素を、見せてくれた。

これからも読み継がれて欲しい作品だ。

 

強いて言えば(特に)現代ラストが消化不良のが惜しいのだけど・・・

 

維新の肖像 (角川文庫)

維新の肖像 (角川文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング