モーション・グリーン

紆余曲折を経てブログ開設10年越え!たぶんこれからも本の感想とか特撮(仮面ライダー)とか映画とかアニメとかドラマの感想書いていきます。

2018年3月読んだ本のまとめ

1年の4分の1、終わってしまった。

例年だと、ここからが早いんだよなあ・・・

 

さて、3月の読書まとめです。

目標は26冊でした。前月まで1冊貯金があるので、25冊でも予定はクリア。

 

3月の読書メーター
読んだ本の数:28
読んだページ数:6915
ナイス数:216

 

2冊貯金追加!

 

3月は諸々の反動からか(笑)

歴史小説読みたい想いが高まり、読みたい本に歴史小説ばかりをチョイスしたところ

意外にも、読むペースがゆったりしてしまい、実は冊数達成は厳しいかな、と思っていた。

 

www.motiongreen.net

 

まあ、なんとか目標は達成し、しかも貯金できました。

これで年間300冊に向けて貯金3冊!



機動戦士ガンダム サンダーボルト 11 (ビッグコミックススペシャル)機動戦士ガンダム サンダーボルト 11 (ビッグコミックススペシャル)
読了日:03月03日 著者:太田垣 康男
銀魂―ぎんたま― 72 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 72 (ジャンプコミックス)
読了日:03月03日 著者:空知 英秋
「五箇条の誓文」で解く日本史―シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ (NHK出版新書)「五箇条の誓文」で解く日本史―シリーズ・企業トップが学ぶリベラルアーツ (NHK出版新書)
読了日:03月05日 著者:片山 杜秀
維新と戦った男 大鳥圭介 (新潮文庫)維新と戦った男 大鳥圭介 (新潮文庫)
読了日:03月08日 著者:伊東 潤
へうげもの(11) (モーニング KC)へうげもの(11) (モーニング KC)
読了日:03月09日 著者:山田 芳裕
センゴク(9) (ヤンマガKCスペシャル)センゴク(9) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:03月10日 著者:宮下 英樹
江戸を造った男江戸を造った男感想
ビジネス書としても高い評価を得ている伊東さんの歴史小説。書き方謝ると「政商」というよくないイメージにつながる河村瑞賢。彼の業績を志と息子のエピソードを上手く取り入れたことで、目先の利益に走らない見事の事業者へ昇華した、見事な描写力。もはや江戸どころか江戸時代の土台を造った瑞賢の社会性・清廉性を帯びた人物がいたことが、本当にこの時代の奇跡だったんだろう。「あんたの仕事に対する姿勢は、この国で仕事をする者たちすべてが見本にすべきだ」今再び己の生き方を問われた、すばらしい1冊だ。
読了日:03月11日 著者:伊東潤
幕末 暗殺! (単行本)幕末 暗殺! (単行本)
読了日:03月13日 著者:谷津 矢車,早見 俊,新美 健,鈴木 英治,誉田 龍一,秋山 香乃,神家 正成
衝天の剣 島津義弘伝 上衝天の剣 島津義弘伝 上感想
名作「破天の剣」の続編にあたる、天野さんが描くその後の島津。島津義弘伝とはあるものの、兄・義久や弟・歳久、そして秀吉や李舜臣など、多くの漢たちの思惑が入り乱れる混迷の戦国末期が、読む側の心も乱れさせる。もしかしたら、「破天の剣」で止めておいた方がよかったかもしれない、と思ったほど、家久亡き後の島津家がボロボロすぎる(涙)その中でも、義弘目線だとどうしても悪役になるがちな中、義久にもしっかり目配りされており、救いもあったなあ(?)豊臣家の陰険な部分がこれでもかと描かれており、爽快感無きまま下巻へ進む。
読了日:03月16日 著者:天野純希
へうげもの(12) (モーニング KC)へうげもの(12) (モーニング KC)
読了日:03月16日 著者:山田 芳裕
センゴク(10) (ヤンマガKCスペシャル)センゴク(10) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:03月16日 著者:宮下 英樹
小説すばる 2018年 04 月号 [雑誌]小説すばる 2018年 04 月号 [雑誌]感想
【真実の航跡】公判前夜。思うに、結果も大事ではある一方、日本人として逃れられない現実と、それでも前へ進もうとする歩みの大切さ、これがこの作品の持つもどかしさ(笑)とパワーなんだなあ、と改めて実感。鮫島の泥臭さはちょっと暑苦しい気がしてきたけど(笑)それでも、法廷という公平な?場所できちんと、卑下することなく堂々とたっていられるかどうか。終わりではない、遙か彼方へのささやかな一歩、それは法廷で刻むことが出来るのかどうか。次回が楽しみだ。
読了日:03月17日 著者: 
小説すばる 2018年 04 月号 [雑誌]小説すばる 2018年 04 月号 [雑誌]感想
【チンギス紀】玄翁とテムジン、一気にご対面なるか!と思ったけど流石にそれは速すぎるか・・・だが、玄翁と魔物五十騎を巡り、獲得に動き出す陣営。文字通り台風の目となった迷惑じいさんどこにいるのやら(笑)その一方で、経済・技術的な優位が少しずつ固まってきたテムジン。彼の中にある熱い何かが、変化を求めてきた。楊令であれば、その黒々とした闇に、志という光が差し込んだけど、テムジンはそこまで至っていないもんなあ。玄翁が志を説く、とも思えないし・・・
読了日:03月17日 著者: 
回天の剣―島津義弘伝〈下〉回天の剣―島津義弘伝〈下〉感想
後編。救いようのない島津分裂、忠恒大暴走、あと一歩が届かないことの連続などなど、苦難の絶えない義弘。ただ、その時の中で最善を尽くした彼の生き様と、義弘を支えた一族と家臣達。それを最大限活かすことが出来た義久の執念。最後の最後で這い上がった島津の底力!終盤近くでようやく溜飲がおりた、と思ったら、やっぱり忠恒、お前なあ・・・(涙)四兄弟が死力を尽くして、島津を守り抜けたこと、それで満足しなきゃ、なんだろうけど(苦笑)義久と義弘の最期は涙無しには読めない一大シーンだったなあ。
読了日:03月18日 著者:天野 純希
岳飛伝 17 星斗の章 (集英社文庫 き 3-100)岳飛伝 17 星斗の章 (集英社文庫 き 3-100)
読了日:03月22日 著者:北方 謙三
運は操れる (望みどおりの人生を実現する最強の法則)運は操れる (望みどおりの人生を実現する最強の法則)
読了日:03月23日 著者:メンタリストDaiGo
へうげもの(13) (モーニング KC)へうげもの(13) (モーニング KC)
読了日:03月24日 著者:山田 芳裕
センゴク(11) (ヤンマガKCスペシャル)センゴク(11) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:03月24日 著者:宮下 英樹
キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:03月24日 著者:原 泰久
島津家の戦争 (ちくま文庫)島津家の戦争 (ちくま文庫)
読了日:03月24日 著者:米窪 明美
神域のカンピオーネス 2 ラグナロクの狼 (ダッシュエックス文庫)神域のカンピオーネス 2 ラグナロクの狼 (ダッシュエックス文庫)
読了日:03月26日 著者:丈月 城
維新の肖像 (角川文庫)維新の肖像 (角川文庫)
読了日:03月30日 著者:安部 龍太郎
風都探偵 1 (ビッグコミックス)風都探偵 1 (ビッグコミックス)
読了日:03月30日 著者:三条 陸
風都探偵 2 (ビッグコミックス)風都探偵 2 (ビッグコミックス)
読了日:03月30日 著者:三条 陸
脳リミットのはずし方: 自分の限界を超えろ!脳リミットのはずし方: 自分の限界を超えろ!
読了日:03月31日 著者:茂木健一郎
へうげもの(14) (モーニング KC)へうげもの(14) (モーニング KC)
読了日:03月31日 著者:山田 芳裕
センゴク(12) (ヤンマガKCスペシャル)センゴク(12) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:03月31日 著者:宮下 英樹
キングダム 2 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 2 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:03月31日 著者:原 泰久

読書メーター