モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【読書感想】真実の航跡 第5回(小説すばる 2018年 5月号 [雑誌])。公判始まる、重き扉・崩れる偶像 真実は是か非か・・・

小説すばる 2018年 05月号 [雑誌]

遙か昔、自分は裁判を傍聴したことがあった。

 

きっとその日は(いや、その日も)事件を、罪の実態を明らかにする 長い過程の1シーンだったんだろう。

 

自分は、本当はそもそも、その部屋に入る資格すらなかった人間だった。

けど、そんなことを考えず、後学のために入ったその部屋は独特の緊張感、重苦しい空気で満たされていた。

 

ここで人が裁かれるという思いが、にわかに自分を縛り付ける

身体が言うことを聞かず、息すら吸っていいのか、吐いていいのかわからなかった。

 

今考えると妙な気分ではある。

でも、これが裁判(公判)なんだ、ということははっきりとわかった気がする。

 

本編の公判、同じように、いやそれ以上に、独特の雰囲気のなかにあったのだろうか?

 

いよいよ始まった公判で、様々な駆け引きがあり、人の本性があきらかになっていき、もはや真実云々より自分の命と未来を守るための場となっていく。

 

真実よりも保身を。罪の深掘りよりも今(明日)の我が身を。

 

鮫島が思っていた尊き精神性は、罪の行方へと消え去っていくのか?

命の価値は?真相の究明は?

 

信念を貫こうとすればするほど追い込まれていく鮫島に光明は差すのか?

 

 

小説すばる 2018年 05月号 [雑誌]

小説すばる 2018年 05月号 [雑誌]

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング