モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【椿再び】読書感想:焔の剣士 幕末蒼雲録 (角川文庫)

 

焔の剣士 幕末蒼雲録 (角川文庫)

 

続編読了。

 

相変わらずのエロ要素あり、ヒロイン?候補が新たに登場したり(しかも男性が好きそうなベタ設定 笑)、などなど、志士とも朝廷とも幕府とも違う世界観が漂うなかで、再び椿が暗躍。

 

ついに河上彦斎まで登場し、ますます幕末オールスター化してきたのも、大きな魅力かも。

 

そして、南朝復権の野望が思ったよりも早く吹き出し、椿たちは早くも分岐点にさしかかる。

この流れだと史実ラインから大きく外れた形で、椿たちの動きと時代の変化がリンクしていくのだろうけど、一巻からの舞台を崩したのは早すぎた気もするなあ。

 

これ、次巻龍馬達と薩長同盟に動く、ということになりそうだけど、敵は誰になる?新選組?見廻組?それとも・・・

 

焔の剣士 幕末蒼雲録 (角川文庫)

焔の剣士 幕末蒼雲録 (角川文庫)

 
焔の剣士 幕末蒼雲録 (角川文庫)

焔の剣士 幕末蒼雲録 (角川文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング